三田通り法律事務所

03-6453-9093

© 2017 mita-dori law office

三田通り法律事務所

Q&A よくあるご質問

特別養子縁組をしている養子は、縁組みした養親のほかに、もともとの実親の相続はできますか?
特別養子縁組をしている場合、養子と実方の父母及びその血族との親族関係は終了するのが原則です。親族関係が終了した場合、相続権や扶養の権利義務、面接交渉権その他親族関係の存在を前提として実方の父母及びその血族に生ずるすべての法律効果は発生しなくなります。これは、特別養子縁組の目的が安定した温かい家庭において法律上も事実上も養子を実子と同様に監護養育する点にあることから、養親による監護中に実親から面接交渉を求めることなどができる余地を残すことが、制度の目的に沿わないと考えられているためです。 なお、ここで原則としていいましたのは、夫婦の一方が他方の連れ子の場合は、養親でない他方の親は「実親」となりますが、その場合、実親側の親族関係も終了しないこととなるためです(いわゆる連れ子縁組みの例外)。 従って、特別養子縁組をしている場合は、原則として、相続は養親のみとなって実方の親の相続はできません。しかし、連れ子縁組の例外にあたる場合には縁組みをしていない他方の親からの相続は可能となります。また、特別養子縁組が離縁された後であれば、離縁の日以降の相続であれば相続が可能となります。
Q&A一覧に戻る

具体的な事案の結論については、直接お話をお聞きする必要がございますので、
お気軽に下記よりお問い合わせください。

 お問い合わせフォームはこちら
(24時間受け付けています)
 お電話でのお問い合わせ
03-6453-9093

About the firm 事務所概要

  • 事務所名
    三田通り法律事務所
  • 代表
    弁護士・不動産鑑定士 安達由幸
  • 住所
    〒 108 - 0073
    東京都港区三田2-14-10 シモミチビル6階
  • TEL
    03-6453-9093
  • FAX
    03-6453-9094
  • MAIL
    info@mita-dori.com