三田通り法律事務所

03-6453-9093

© 2017 mita-dori law office

三田通り法律事務所

Column コラム

2018.07.19 サブリースされている賃貸住宅に入居する場合に注意すること

入居しようとしている建物について、建物の所有者(オーナー)と、賃貸人が異なるサブリース物件に入居する場合、入居後の入居者が、直接オーナーから借りる場合にはないような不利益を受ける場合があります。

具体的には、入居者の知らないところでオーナーとサブリース業者の賃貸契約が終了してしまった場合にオーナーから入居者への明渡し請求を拒めないとされたり、サブリース業者の家賃滞納などでオーナーから直接家賃を請求される場合に、サブリース業者への家賃の前払いをオーナーに対抗できない場合などがあります。

従って、入居に当たっては、オーナーとサブリース業者が異なるのか否かや、原契約が終了した場合に、オーナーが入居者とサブリース業者との間の転貸借契約におけるサブリース業者の地位を当然に承継する旨の地位の承継規定があるかなどを貸主や不動産業者に確認しましょう。
契約にあたって慎重に条項を検討することは大切なことです。業者から交付された契約書や説明についてわからない点がありましたら遠慮なくご相談ください。

About the firm 事務所概要

  • 事務所名
    三田通り法律事務所
  • 代表
    弁護士・不動産鑑定士 安達由幸
  • 住所
    〒 108 - 0073
    東京都港区三田2-14-10 シモミチビル6階
  • TEL
    03-6453-9093
  • FAX
    03-6453-9094
  • MAIL
    info@mita-dori.com