三田通り法律事務所

03-6453-9093

© 2022 mita-dori law office

三田通り法律事務所

Q&A よくあるご質問

自筆証書遺言に関する方式が変わったと聞きました。新しい方式の遺言が有効なものとされるのはいつからですか?
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)のうち自筆証書遺言の方式の緩和に関する部分が、2019年(平成31年)1月13日に施行されています。 このため、新しい方式の遺言が有効なものとされるのは、2019年(平成31年)1月13日以降に作成された自筆証書遺言となります。 一方で、2019年(平成31年)1月13日よりも前に、新しい方式に従って自筆証書遺言を作成しても、その遺言は無効となりますので注意してください。

財産目録の作成方法については,コピーの流用が可能になるなど使いやすくなっていますので,以下の記事も参考にしてください。
財産目録の作成において資料のコピーを流用することはできるのでしょうか?
Q&A一覧に戻る

具体的な事案の結論については、直接お話をお聞きする必要がございますので、
お気軽に下記よりお問い合わせください。

 お問い合わせフォームはこちら
(24時間受け付けています)
 お電話でのお問い合わせ
03-6453-9093

About the firm 事務所概要

  • 事務所名
    三田通り法律事務所
  • 代表
    弁護士・不動産鑑定士 安達由幸
  • 住所
    〒 108 - 0073
    東京都港区三田2-14-10 シモミチビル6階
  • TEL
    03-6453-9093
  • FAX
    03-6453-9094
  • MAIL
    info@mita-dori.com